ボーリングでストライクが出た時のハイタッチする習慣が…嫌

あのさ…ボーリングでストライク取った時にハイタッチする習慣って嫌ですよね。

ゴロゴロゴロッ…がっしゃーん!!
…イエーィ!!パンッ!!

みたいなヤツ。
こっちは投げる前から緊張してあのボーリングの玉の返ってくる所から出てくる風でずっと手の平を乾かしてるワケさ。
で、ストライクなんて取ろうものなら…

「ヤバイッ!あれが来る!イエーィ!が来る!」

って思ってもう手汗ビチャーですよ。
もー取っちゃったら仕方ないですからね。
滲む手汗をさり気無くズボンで拭き取りながら振り返るワケですよ。
そしたらやっぱりね…「イエーィ」の構えですよ。

あぁ…もう逃げられないのね…と思いながらも最後の手段に出るワケです。
イエーィっとノリノリで手の平に渾身のグーを合わせます

でもまーボーリングなんて行ったらストライクが1回だけなんて事はそう無いワケですよ。
やってたら何回かストライクが出ちゃうワケですよ。
でもね?そんなに毎回ハイタッチにグーを合わせるのって不自然じゃないですか?

そんな時はグーの中にさり気無く普通のハイタッチを混ぜます。
基本的に手の汗は出っぱなしですからね。
自分が投げてる時は無理です。
じゃぁいつやるのか?
それは自分の前の人がストライクを出した時です!
自分の前の人が投げている間は延々手を乾かします。
そして返って来た瞬間に「イエーィ!」です。

これで基本的に「あぁ、こいつは自分がとった時はグーで、他の人が取った時はパーなんだな」って思わせる事が出来ます。
こう思わせたらもうこっちの勝利です。
相手はまさか手汗を隠す為にグーでハイタッチをしているとは思いません。
その内に向こうもグーで返してくれる様になってきます。

ま、僕はそんな方法で手汗を誤魔化してたよというお話。
もしかしたらバレてたかも知れないですけどねー(ノ∀`)