【手汗対策のお薬】デトランスα~塗るタイミングは難しいが効果は期待できる~

デトランスα

デトランスαは有効成分である塩化アルミニウムを高濃度で含んでいるお薬です。

効き目を感じる人が多いと思いますが、強い薬のため手肌が弱い人は手荒れの可能性があります。

おすすめ度
価格
2,900円

デトランスαの公式サイトを見る

デトランスαはこんな人におすすめ

デトランスαはデメリットもありますが、概ねこのような方には合っていると思います。

  •  多少メンドウでも手汗をどうにかしたい
  • 手汗が激しくて日常生活や社会生活に支障をきたす
  • 手術を検討したことがあるほど悩みが深い
  • 肌は強い方
ふじっこ。

ふじっこ。
ちなみにデトランスαは私も現役で使っています。

 

デトランスαのここがおすすめポイント!

デトランスαは制汗効果が高く評価されており、値段も控えめなためコストパフォーマンスが高めです。

  • 高い制汗効果を期待できる
  • 継続して利用しやすい低コスト

高い制汗効果を期待できる

私の体感としても、他のサイトの評価にしてもデトランスαの制汗効果は高く評価されています。

私は今まで8種類の手汗のお薬を試してきましたが、もっとも制汗効果を感じたお薬がデトランスαです。

継続して利用しやすい低コスト

デトランスαは1本4,800円(初回は2,900円)とただでさえ他の商品に比べても安い手汗のお薬ですが、1本購入すると2~3ヶ月利用できますのでコストパフォーマンスも最高です。

夏だけ対応する場合には値段はさほど気にならないかもしれませんが、私のように1年を通して手汗対策が必要な場合は商品の値段もバカになりません。

ふじっこ。

ふじっこ。
デトランスαのようにコストを抑えられる商品は大変ありがたいです。

 

デトランスαの注意点

非常に良いお薬ですがいくつか注意点もあります。

  • 使用のタイミングが難しい
  • 効果が出るまで少し時間が必要
  • 成分が強いので肌が弱いと手荒れする

以下、ひとつづつ見ていきましょう。

使用のタイミングが難しい

デトランスαは手のひらに塗布して使用するお薬です。

塗布後は手のひらに成分が浸透するまで(30~60分くらい)は手を使う行動は避けた方が良いですし、乾燥するまで(10分くらい)の時間は何も触れません。

その為、必然的に塗るタイミングは就寝直前に限られます。

ふじっこ。

ふじっこ。
私は枕元に常備しておいても結構頻繁に塗り忘れてしまいます。

効果が出るまで少し時間が必要

デトランスαは塗り始めてすぐに効果が現れるタイプのお薬ではありません。使用開始から1週間くらいはあまり違いを感じないと思います。

イベントがあって「明日は手汗をかきたくない!」と思って急に使い始めてもあまり意味がありません。このような場合、ひと月前くらいから使い始めて、効果の現れ方をチェックしながら使用頻度を決める方法がおすすめです。

成分が強いので肌が弱いと手荒れする

肌が弱い人だと皮膚がピリピリするような肌荒れを引き起こす場合があります。

私の場合通常の使用方法では手荒れしませんが、効果を高めようと思ってデトランスαの塗布後にゴム手袋を着用して寝る(密封療法)と翌日は少し手荒れしています。

デトランスαはとってもおすすめの手汗の薬なのですが、残念ながら肌に合わない場合だけは対処の術がありません。

 

デトランスα:総合評価A

手荒れしやすいなどのデメリットもありますが効果は優れています。

夜に塗布して寝るだけなので、飲み薬やクリームタイプの制汗剤との併用が可能なところも嬉しいポイントです。

手汗のお薬ドラフト会議を開催するなら1位指名のお薬です。

おすすめ度
価格
2,900円

デトランスαの公式サイトを見る