学祭や体育の授業のフォークダンスが憂鬱で仕方ない

今はもうおじさんになっちゃったんでフォークダンスなんて踊ることは無いんだけど、学祭とか体育のフォークダンスは憂鬱だったねぇ。
ただでさえ異性を意識してしまう思春期なのに、なしてこんな拷問の様な事をさせられるのかと…。
周りの友人は女子と手を繋ぐ事ができる貴重な時間としてヒャーヒャー言いながら踊ってましたが…。
手汗族にとってはあんなヒドイ仕打ち無いよね。
もうね、僕が前世に何をしたんだよって感じです(´;ω;`)

僕は当時隣のクラスの女の子に淡い恋愛感情を抱いていていました。
クラス単位で体育の授業をしてましたので、他のクラスの異性と踊ることは基本なかったんですが…やっぱり学祭になっちゃうと全部のクラスが参加しちゃうんですよね。

フォークダンスが始まって、もう緊張で手汗ダラダラかきだして、女子に嫌な顔されながら進んでいってたんですが少し先にその憧れの彼女を見つけてしまいました…。
ヤバイッ!このままじゃ直撃してしまう((((;゚Д゚))))

そう思ってはみたものの、無常にも曲は鳴り止まずついに彼女と手を繋ぐ番に!

ドクンッ!ドクンッ!

 

 

 

…びちゃぁ(´;ω;`)

あぁ…終わった…。
この恋は終わったんだ…。

ショック過ぎて後の事はあまり覚えていません。
ただ唯一今でも覚えているのその子との踊りが終わった直後に音楽が鳴り止んでフォークダンスが終了したことと、彼女の嫌そうな表情です…。

後日談ですが、その後僕はその子に「好きです!」と伝えましたが、「他に好きな人がいる」という当たり障りのない理由で2回フラれました(´;ω;`)